MiracleLinuxを入れてみました

自社内のweb/mailサーバーはAWSに移転したため、使っていたDELLのPowerEdgeT110Ⅱがお役御免となりました。しかし、ファイルサーバーとしても使っていたため、MacProとMacbook、Windowsマシンとのファイル共有ができなくなり、少し不便になりました。USBメモリでファイルを移動したり、メールで送ったり、地味に面倒でした。

ということで、再度PowerEdgeT110Ⅱを起動してsambaを利用すれば良いのですが、中身はCentos5。かなり古いので、新しいディストリビューションに入れ直すことにしました。しかし、Centos8は既にサポート対象ではなくなっていて、使えないので代替のディストリビューションを探していたら、どうやらMiracle Linuxが後継的なポジションのようなので、こちらをインストールしました。

続きを読む

逆引きできるサーバーからspamが来たのでネットワークACLでブロックしました

reject_unknown_clientの設定を行ってから、1件も来ていなかったspamが今日きたので、AWSのVPCにあるネットワークACLという、セキュリティ機能を利用してリジェクトしました。

spamの件名は「【重要なお知らせ】AEON ご利用確認のお願い」です。「aeon」をキーワードにpostfixのlogを確認すると、他のメンバー宛のを含めて2通届いていて、ipアドレスは160.16.146.224と160.16.113.249でした。逆引きできていて、***.vs.sakura.ne.jp.となっています。この2つのipアドレスをネットワークACLで拒否します。

続きを読む

systemctl コマンド

自分用の備忘録です。

操作コマンド
サービス起動systemctl start ${Unit}
サービス停止systemctl stop ${Unit}
サービス再起動systemctl restart ${Unit}
サービスリロードsystemctl reload ${Unit}
サービスステータス表示systemctl status ${Unit}
サービス自動起動有効systemctl enable ${Unit}
サービス自動起動無効systemctl disable ${Unit}
サービス自動起動設定確認systemctl is-enabled ${Unit}
サービス一覧systemctl list-unit-files –type=service
設定ファイルの再読込systemctl daemon-reload

Undelivered Mail Returned to Senderとなりgmailへの転送ができない

私へのメールはprocmailでspamを判定した後、gmailへ転送しています。しかし、今朝から多くのメールが転送されず、送信者名「Mail Delivery System」、件名「Undelivered Mail Returned to Sender」で、転送できなかったとgmailからメールが来るようになってしまいました。(とりあえず、procmailでの転送は止めました。)

続きを読む

mariaDBをアップグレードしたらmysql_upgradeコマンドを実行する

wordpressで記事を公開した後、サイトに接続して確認したら、DB接続がないというエラーが出て、その直後に表示されました。

これは、何かmariaDBでエラーが出ているのではないかと思い、早速sshでログインしてlogを確認すると、クラッシュした後、自動的に再起動していて、以下のようなエラーが出ていました。

続きを読む

Amazon Linux2でphp7.4とmariadb10.5をインストール

アマゾンのユーザーガイドでphp7.2とMysql互換のlamp-mariadb10.2-php7.2をインストールしました。

しかし、wordpressをインストールして、ダッシュボードを確認すると、現在のwordpressではphpのバージョンを7.4がデフォルトで、7.2では古いと警告が出ています。

続きを読む

cloudfrontからcloudflareへ移行。100万円のデータ送出料金がほぼ0に。

昨年の年末に、AWSのCDNであるcloudFrontからの配信を、キャッシュサーバーであるcloudflareへの移行を行いました。

移行にあたっては、以下のような心配がありました。

  1. 大幅なコスト削減になるのか。
  2. cloudflareのサービスは信頼できるものなのか。
  3. cloudFrontとcloudFlareで配信速度は変わらないのか。
続きを読む